« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007年8月30日 (木)

電動リールのバッテリー

今週末はいよいよ待ちに待った、メバル釣りです。三浦屋のHPを覗いても五目釣りはあるけど、メバル釣りは載っていません。しかし、三浦屋の五目釣りは沖メバル釣りが中心なので、五目釣り=沖メバル釣りとなります。最近の釣果を見ると、メバルの釣果も安定してきており、期待できそうな感じになっています。でも9月までは大型のサバもいるし、他の魚も混じって釣れてしまうので、メバルだけ狙って釣ることは出来ません。(上手い人は狙って釣れると思いますが、私は無理です^^;;)もう、冷蔵庫の冷凍メバルは尽きてしまいました。以前、三浦屋で釣った沖メバルはこんな感じです。

Mebarusutokku_1

初心者の割りにはプチ大漁を体験しました。やはり、ここのおやじは釣らせて
くれる。(ちょっと見た目は怖いけど、別に怖くはない)  と、期待は膨らむのですが、最近仕事が忙しいので釣りの準備が全く出来ていません。しかも、まだ電動リール用のバッテリーも充電していない!

Batte_1

今日は深夜電力を利用してしっかり充電しないといけません。あとは、仕掛けも準備もしないとなぁ。三浦屋オリジナル仕掛けで十分釣れるのですが、ちょっと違った仕掛けも持って行こうと考えています。秋田の沖メバル釣りがスカに終わったので、期待と不安が半々の状態です^^;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月29日 (水)

田沢湖の辰子像 (たつこ像)

いつまで続くの田沢湖編。いやぁ~夏の田沢湖巡りは非常に良いですね。道路の回りは樹木が立ち並び、まるで木々の間を飛んですり抜けているような感覚に陥ります。余り景色に見とれていると事故になるので、脇見運転は厳禁ですが、本当に夏の田沢湖は良い!紅葉の時期はどうなんだろう?とも思うが、そう思っているうちに最終目的の辰子像に到着。なんでここに辰子像があるのか?全然判りません。取り合えず、これが黄金に輝く辰子像です。

Tatukozou01

Tatukozou02
で、なんでここに辰子像があるのかちょっと調べて見ました。

~ここから辰子伝説の始まり~
 田沢湖のほとり神成村に辰子という名の娘が暮らしていた。辰子は類い希な美しい娘であったが、その美貌に自ら気付いた日を境に、いつの日か衰えていくであろうその若さと美しさを何とか保ちたいと願うようになる。辰子はその願いを胸に、村の背後の院内岳は大蔵観音に、百夜の願掛けをした。必死の願いに観音が応え、山深い泉の在処を辰子に示した。そのお告げの通り泉の水を辰子は飲んだが、急に激しい喉の渇きを覚え、しかもいくら水を飲んでも渇きは激しくなるばかりであった。狂奔する辰子の姿は、いつの間にか龍へと変化していった。自分の身に起こった報いを悟った辰子は、田沢湖に身を沈め、そこの主として暮らすようになった。というお話です。(ウィキペディア(Wikipedia)より)

この先も伝説が続きますが、長くなるので、辰子伝説はここまで知っていれば十分でしょう^^;; 私の場合は、辰子像は何で金色なの?の方が気になります。誰か知っていたらコメントお願いしますね。

さて、田沢湖には辰子像の他に、こんな場所もあります。

Tatukozou03
そして、なんと!ここの水辺のほとりには、ウグイが一杯生息しています。その数なんと!数え切れません。虫アミでもウグイが掬えそうなくらい泳いでいます。

Tatukozou04
でも食べても美味しくないので、そっとしておいて下さいね。ここに錦鯉でも放流すれば、”五色沼”風になるのですが、そこまではしないかな!? ちなみに福島県にある五色沼にいる錦鯉は物凄くデカイです。今まで見た中で一番大きいのが泳いでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月28日 (火)

ベランダの朝顔

ベランダで育てていた朝顔ですが、どんどん大きくなってきたので、少し広めの場所へ移してあげました。すると日当たりも良いせいか、どんどん成長!。あんなに小さかったのに、今では全長5m以上はあります。植物の成長速度は凄いものを秘めています。

Asagao101
植木鉢が小さい・・・、しかもこの写真の更に上まで朝顔のツタは伸びています。そして、最近では毎日小さい朝顔を咲かせています。

Asagao102
今回購入した朝顔は、複数の色が混ざっている筈なのに、何故かこの色の朝顔しか咲きません。しかも、日本朝顔のせいだからか、ちょっと花が小さいです。朝顔には西洋朝顔なる種類もあるらしく、そちらは花も大きいし、花数も沢山咲きます。来年は西洋朝顔の種をゲットして育てたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

弁当-32 (冷凍弁当)

今週の冷凍弁当です。玉子料理はコレステロールが上昇するので、食べるのを1週間だけ封印していましたが、『生卵が余っているので玉子焼きにして持っていって頂戴』と嫁さんに言われてしまいました。なので、また今週から玉子焼きの復活です^^;;  さて、冷凍弁当となるおかずの中身ですが、左からかぼちゃ焼き(カボチャは冷凍しても殆ど味が変わらない)、ジャガイモ入り玉子焼き、ツナサラダ、ニジマスのフライとなっています。今かぼちゃが旬なので、来週からもかぼちゃのおかずを取り入れます。あと、ニジマスですが、ついに全て食べきりました。凡そ、20匹程度は食べた計算です。ニジマスを食べることは余りないと思いますが、ニジマスも結構お酒のつまみになるし、弁当のおかずにしてもなかなか美味しかったです。

Bentouweek22
でも、ニジマスをスーパーで購入すると結構値段が高い!ニジマスを購入する値段でサバやサンマが数匹買えてしまうので、なかなかニジマスを食べる機会はないと思います。(値段が高いのがニジマスの最大の弱点です!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月27日 (月)

田沢湖ハーブガーデン (ハートハーブ)

まだまだ続くよ田沢湖編。田沢湖へ行ったら、田沢湖ハーブガーデン (ハートハーブ HEART HERB)へ寄って見ましょう。 どこにあるんですか?⇒はい、田沢湖を1週すると必ず見つかりますのでご心配なく。田沢湖は小さいので、田沢湖へ行ったら必ず1週しましょうね^^) では、 田沢湖ハーブガーデン情報を掲載します。

Habu01

場所:秋田県仙北市田沢湖田沢字潟前78
問合せ先:株式会社 アロマ田沢湖
電話:0187-43-2424
営業時間:
4月~11月  9:00~17:00
12月~3月 10:00~16:00
入場料:無料
駐車場:有り

田沢湖ハーブガーデンは、ガラスの空間に包まれており、雨の日も散歩できるように作られているハーブ園です。ハーブの種や苗が充実しており、寄せ植え用のテラコッタや、憧れのガーデニングツールなども揃えてある、フレッシュハーブの専門店です。レストランやお土産コーナーも充実していますので、是非立ち寄ってみて下さい。

Habu02
さて、ハーブガーデンの中へ入っていくと、大トロのトトロが出迎えてくれます。結構大きなトトロなので、子供がいる家族はここで記念撮影をしています。なんで、ここにトトロがいるのか?それは不明です。自然があるからでしょうか。そして、トトロの先は、ハーブ園が広がっています。

Habu03
で、ハーブ園の中に入ると人が居ません。そうです!暑いのです。この暑さは異常。外の気温は34℃、この中の気温はそれ以上・・・、そのため中に入ってハーブを見学する人は殆どいませんでした^^;; 観光客はこの暑さのため、ハーブを見るより、お土産コーナーへ避難していました^^;;; でも、田沢湖ハーブガーデンは、レストランもあるし、お土産コーナーも充実しているので、是非立ち寄ってみて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月26日 (日)

YUKIKO (ユキコ、梅酒、ロゼ)

友人から頂いた和歌山産のYUKIKO(ユキコ)の色違い(あるいは味違い)を飲んでみることにしました。製造元は木の国酒造(株)で、アルコール度は7~8%の綺麗な色をした梅酒です。

Mumesyu101
今回のYUKIKOは、金色に輝いている梅酒です。これも美味しそうだ。ギンギンに冷やしてから飲むのが美味しいんですよ。なので、この梅酒もギンギンに冷やしてあります。

Mumesyu102
早速、氷入りのグラスへ注いでみました。いい香りがしますねぇ~。よく氷と馴染ませて、頂いてみました。う~ん美味しい!!前回のYUKIKOと味の違いはよく判りませんが、これも飲みやすくて、ほどよい甘みがあります。さて、これでお土産で頂いたYUKIKOはすべて飲んでしまいました。^^;; あっという間ですね。梅酒は最高だ!!

さて、木の国酒造(KINOKUNI)(株)ですが、下記のHPを発見しました。そして、このYUKIKOも通販で購入することが出来ます。また飲みたくなったら注文しようっと^^)

http://www.kinokuni-web.com/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月25日 (土)

ころ・ぼっくる (レストラン)5

北上市にあるレストラン、ころ・ぼっくるを紹介します。以前も紹介しましたが、我が家はほぼ毎週通って、ここで栄養を補給しています。なので、ころ・ぼっくる星人になりつつあります。更に、ランチチケットは10枚まとめて購入しているので、1食当たり850円と超お得となっています。またまた性懲りもなく来店しました。^^;;

Koro00

店名:ころ・ぼっくる
住所:岩手県北上市町分3-225-2
電話:0197-63-6632
営業時間:
 ランチ  11:00~15:00 (ラストオーダー 14:30)
 ディナー17:30~21:00 (ラストオーダー 20:30)
 ※現在ディナーはお休み中のようです。
定休日:日曜日(日曜日は休みなので注意!)

Korobo01
今回の料理は、カニクリームコロッケ、豚肉のシャブシャブ風サラダ、昆布の煮物、焼きそばなどです。豚肉のサラダは非常にさっぱりしていて、夏食べるには良いですね。昆布も体に良いので沢山食べましょう。

Korobo02
これは、ほうれん草のキッシュです。このほうれん草のキッシュは不思議な味というか、独特の味というか、そういった味付けなので、口に合う人と口に合わない人がいると思います。私の場合は1個は食べれるという中途半端な感想です^^;; (1個は食べれるけど、お腹が膨れるので1個が丁度良い感じでしょうか)  このほうれん草のキッシュは、1度料理が空になると別の料理が出て来るので、食べれる人は限られます。

Korobo03
これは、タラコのサラダスパゲティーです。家庭でも作れるお手軽料理ですが、このタラコのスパゲティーが美味しいこと、美味しいこと・・。冷えたタラコのスパゲティーは夏には最高ですね!これは是非毎週出して欲しい。

今回は、料理を食べ過ぎたので、ケーキやアイスは食べるのをやめました。カロリーはきちんと計算して食べないとね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

田沢湖 (観光スポット たざわ湖)

今年の東北は暑過ぎる。。なのでこんな暑い日は田沢湖へ行って、涼んできましょう!ということで、久しぶりに田沢湖まで、車でドライブすることになりました。田沢湖へ行く前に車の外気温計は33℃を示す。これは暑い、しかし田沢湖まで行けばきっと涼しい筈だ、きっと涼しい筈だと思いながら、田沢湖へ到着。

Tazawa05

場所:田沢湖潟字搓湖
問合せ先:田沢湖観光情報センター「フォレイク」
電話:0187-43-2111

Tazawa06
海水浴ではなく、湖水浴客が数多くいます。天気は晴天で雲ひとつありません。しかし、暑い!暑い!田沢湖の気温34℃、、、。こりゃ、涼むどころか蒸し焼きじゃ!。なんでこんなに暑いのじゃ~。そう思っても、ここまで来たら回るところは回らないとねと思い、先ずは御座ノ石へ向かうことになりました。

Tazawa01
さて、御座ノ石へ到着しました。見てください、この天気。まさに夏にふさわしい、青い空と青い湖水が広がっています。暑いけど田沢湖の景色はいいなぁ~。

Tazawa02
これが御座ノ石です。右下に見える岩盤が平らなのがわかりますか?これが御座ノ石と呼ばれる由縁です。だと思ったが、実は慶安3年に佐竹藩主義隆公が田沢湖を遊覧した際、腰をかけて休んだことに由来するそうです。

Tazawa03
本当に平らです。自然に形成されたと思いますが、自然のいたずらでこんな風になるんですね。^^)

Tazawa04
湖面に目をやると、ウグイが沢山泳いでいます。ウグイは食べても美味しくないので、観賞して楽しみましょう。今は、田沢湖にも魚が沢山います。やっぱり、湖面の近場では、ちょっとだけ涼しいような気がしましたので、一応、ちょっとは涼めたかな!?と思いました。^^;;

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年8月24日 (金)

Cota Cafe. (コタカフェ)

北上ブログさんで紹介されていた、Cota Cafe. (コタカフェ)へ行ってきました!場所が判り辛いところにあるので、事前に地図で大まかな場所を確認して行く事にしました。ナビで地図を確認したところ、Cota Cafe. (コタカフェ)周辺には道路表示が出ません。むう、脇道や砂利道の近くにあるのかな?と思いながら、とりあえず出発しました。近くまで来ると、やっぱりCata Cafe. (コタカフェ)らしき建物が見えません。あれ、何処にあるんだ?と思いきや、目の前に小さな看板が出てきました。これです。

Cotacafe01
この看板が見えたら、そちらへ進みましょう。周りは田んぼと畑しかありせん。で、細い脇道をそのまま進んでいくと、Cota Cafe. (コタカフェ)がありました。駐車場は10台くらい止められるスペースがあります。

Cotacafe02

店名:Cota Cafe.  (コタカフェ)
住所:岩手県北上市相去町中成沢45-9
電話:0197-67-6008
営業時間:9:00~17:00
定休日:水曜日
駐車場:有り

早速、お店へ行って、北上ブログさんのお勧めの”豚肉のブルーベリー煮込み”を注文しようとしましたが、店内は満員です・・。やばい、意外にお客が多くて、限定15食が既に出ているかも知れない・・と思いましたが、”豚肉のブルーベリー煮込み”はまだ注文できますということで、早速注文しました。嫁さんは大のカレー好きなので、雑穀ごはんの野菜カレーを注文しました。

Cotacafe03
さて、これが噂の(!?) 豚肉のブルーベリー煮込みです。見た目はちょっとグロテクスな色ですが、豚肉を食べたら、超・感・激しました。この豚肉は激的にうまい!食べ物を食べて感動したのは久しぶりですが、この豚肉は物凄く美味しい!肉は非常に柔らかく、ブルベーリーの甘みと僅かな酸味が口に広がり、もう美味しさこの上なしです。これは自宅で是非再現したい!でも作るのが面倒だからまた食べに来よう。^^;; うーむ、この豚肉のブルーベリー煮込みは恐るべし美味しさです。肉好きにはたまらない美味しいさだ!!!

Cotacafe04
こちらが、雑穀ごはんの野菜カレーです。このカレーは丁度いい辛さと季節野菜の風味を楽しむことが出来ます。手作りカレーのような感じですが、肉好きの私にはちょっとばかりヘルシー料理のように感じました。でも、この野菜カレーは雑穀ごはんと合いますね。ヘルシーにカレーを食べたい方にはお勧めのメニューです。あと1つ、なんとかのタコスというメニューがあったので、次回は、豚肉のブルベーリー煮込みとタコスを注文したいと思います。

Cotacafe05
Cota Cafe.(コタカフェ)の周辺は田んぼと畑が広がっており、開放的な気分を味わえます。店内で食事しても良いのですが、晴れている場合はオープンテラスで食事した方が良いでしょう。

Cotacafe06
これが噂のブルーベリーです。サラダの中にも入っていますが、このブルーベリー大きくて美味しいですよ。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2007年8月23日 (木)

スイカの選択ミス

昨日、最後のストックであるスイカに包丁を入れたところ、なんか弾けた感じで割れました。むむむ、これは内部の圧力が上がって、包丁を入れた途端に割れたのでは?と思い、これはもしかして腐ってるかも思いつつ、中身を確認すると、予想通りに中身が若干黒ずんでいて腐っているようでした。・・・、食うか食わないか少し迷いましたが、これを食べてお腹を壊したらアホなので、そのままゴミ箱へ捨てることにしました。今年は、マンゴーも腐った物を引き当てたので、貧乏クジばかり引いているような感じです。^^;; しかし、また今週末にスイカを2個購入予定です。スイカは夏だけしか食べれないので、今たらふく食べなければ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

YUKIKO (ユキコ、梅酒、ロゼ)

友人から頂いた和歌山産のYUKIKO(ユキコ)をさっそく飲んでみることにしました。製造元は木の国酒造(株)で、アルコール度は7~8%の綺麗な色をした梅酒です。

Umesyu01

これです。輝いていますね^^) これは美味しそうだ。飲み味ですが、アルコール度数が丁度よいためか、非常に飲みやすく、また甘みもあります。これはいけますねぇ~。ごくごく飲んで直ぐに酔ってしまいそうです。こんなに美味しい梅酒のお土産をありがとうございました。このブログを見てたら、『あ、私のお土産のワインだ』と気付いてくれるかも知れません。実は、もう1本白色の梅酒が残っています。これも非常に楽しみです。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年8月22日 (水)

そば処 しずく庵 (元祖雫石そば)

こんな暑い夏は、冷えた旨い蕎麦が食べたくなりませんか?私は夏になると”ざる蕎麦”が無性(むしょう)に食べたくなりますが、ざる蕎麦だけだと何か物足りないので、私は海老天と一緒にざる蕎麦が食べたくなります。そんなことを言っていたら、嫁さんが結構美味しい天婦羅蕎麦屋があるので、そこへついでに行ってみようという話になりました。場所は、雫石にある”道の駅あねっこ”の中だそうです。あれ?道の駅の中にある食堂の蕎麦かな?余り期待しないで行って見ると、道の駅の中ではなく、道の駅の隣に蕎麦屋がありました。ここです。

Shizukuan01

店名:そば処 しずく庵 (元祖雫石そば)
住所:岩手郡雫石町橋場坂本114-4
電話:019-692-0255 
営業時間:11:00~18:00(冬期は~17:00)
定休日:年中無休 
駐車場:有り

Shizukuan02
中は既に満席だったので、カウンターに座ることにしました。2人とも”天婦羅蕎麦”を注文することになりましたが、混雑しているので天婦羅は少し時間を下さいとのこと。ここまで来て天婦羅を食わない訳にはいかないので、少し待つことにしました。そして出てきたのがこれです。

Shizukuan03
全体的に結構ボリュームがありますよ。天婦羅も野菜天婦羅中心ですが、こちらも結構いい感じの量があります。

Shizukuan05
蕎麦はいいですねぇ~。蕎麦つゆが美味しい。やっぱり蕎麦も大事だけれども、蕎麦つゆが美味しくないとね。盛りは少し少ないように感じると思いますが、天婦羅と一緒に食べると丁度良い感じです。これで少ないと思う方は、大盛りを注文しましょう。^^)

Shizukuan04
天婦羅は結構量があります。何れも季節野菜で美味しく頂くことが出来ました。そして驚くべきはこの天婦羅蕎麦の値段ですが、なんとこの天婦羅蕎麦が735円です。凄く安いんですが、、、これは正直相当コストパフォーマンスが高いです。これは本当にお勧めの蕎麦屋だ!(ランチは味と値段のバランスが大事ですよね)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月21日 (火)

あぐり夢 くちない(あぐりむ くちない)

 田舎に住んでいるのであれば、産直を有効利用しましょう。我が家は岩手へ引越ししてからは産直をよく利用しています。先ず、産直で揃えられる野菜を購入し、不足分の野菜などを近場のスーパーで購入すると、家計の負担が減り経済的です。特に野菜は産直がべらぼうに安いです。まぁ、産直もいろいろあります(良い産直もあるが、良いとは言えない産直もある)が、北上市の近くにあるこの”あぐり夢(あぐりむ)くちない”は、結構種類も豊富で値段も安く、いい産直だと思います。欠点は冬季の間は野菜の種類が非常に少なくなることでしょうか・・・。(冬季は地方から輸送された野菜がメインとなります) しかし春・夏・秋は様々な野菜が豊富に揃っています。特にここの産直でお勧めなのが、トマト、しいたけ、長茄子、にんにくなどです。トマトの最盛期は5個で100円とか信じられないくらい安くなります。また、しいたけは非常に質が良く大きなシイタケを破格の価格で購入することが出来ます。その他、いろいろありますが、トマト、しいたけ、長茄子、にんにくは、ここの産直の名物だと個人的に思っています。(個人的なので、名物は他にあるかも知れません)
 あと、嫁さんの実験で明らかになったことがあります。同じ野菜を産直とスーパーで購入しました。そのまま野菜冷蔵室に保存したのですが、産直の物はなかなか悪くならず、スーパーの物は産直の物より早く悪くなります。いろいろ試しましたが、この傾向は確実にあります。普通に考えると産直の野菜はその日に採れた物が殆ど、スーパーの野菜は輸送時間が1日~2日程度かかるので、この結果もまんざらうそではありません。同じ野菜なら、産直で購入しましょう。

Agurimu02
あぐり夢(あぐりむ)くちないの駐車場から見た風景。この風景、好きです。なんというか田舎だなぁって感じに浸れます。あぐりむ、いいねぇ~。でも何故、あぐりむ?あぐりで良かったんじゃないかな^^;;

あぐり夢(あぐりむ)くちないは、みちのく、岩手の農産物、林産物、農家のかあちゃんの手作りおかし手芸品などを販売する産地直売所です。

Agurimu01

店名:あぐり夢 くちない(あぐりむ くちない)
住所:岩手県北上市口内町松坂214-4
電話:直売センター北上協同組合
      0197-69-2200
営業時間:冬   10:00~17:00
          冬以外  9:00~17:30
定休日:お正月の数日
駐車場:有り(70台)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年8月20日 (月)

松ぼっくり (手づくりアイスクリーム)

今年の夏は異常に暑い、、岩手で35℃を超えるとは正直思いませんでした。殆ど使わないクラーも今年だけはエンジン全開で使用しています。そうこんな暑い夏は、美味しいジェラート又はアイスが食べたくなるものです。なので、盛岡の近くにある、松ぼっくり(まつぼっくり)へ行って来ました。ここは、TVでもお馴染みのお店で、美味しい手作りのアイスとジェラートが食べれるお店せです。

Matubokkuri01

店名:松ぼっくり (まつぼっくり)
    手づくりアイスクリーム牧場
住所:岩手郡雫石町長山早坂70-48
電話:019-691-5030
営業時間:10:00~18:00(冬季は17:00)
休業日:無休
駐車場:有り

Matubokkuri02

お店の外観はこんな感じです。車から降りた瞬間、、、なんだこの暑さは・・・、早く松ぼっくりのアイス・ジェラートを食べようということで、早速店内へ。さて、何を食べようかな。散々迷った挙句、私はラムレーズンとブルーベリーのアイスを注文することにしました。

Matubokkuri03
ラムレーズンのアイスとブルーベリーのアイスはこんな感じです。何故か、嫁さんにラムレーズンにしなよ!と言われたので、ラムレーズンは半ば強引に選択されてしまいました。しかし、ラムレーズンアイスは大好きなので、強引に選択されても別に構いません(笑) いやぁ~、これは美味しいですね。子供も大喜びの美味しさです。ラムレーズンはもうちょっとコクが欲しかったですが、ブルーベリーのアイスはさっぱりしていて、非常に美味しかったです。牧場アイスはやっぱ美味しいね!

Matubokkuri04
さて嫁さんが注文したのは、トマトのアイスとマンダリンのジェラートです。トマトのアイスクリームなんて美味しいのか?と思いつつ、ちょっと食べて見ましたが、やっぱりトマトの味がする・・・が、普通に美味しく食べれます。野菜嫌いの子供に食べさせるのには良いのではと思いました。そして、あんまり人気が無かったようなマンダリンのジェラートですが、これが超さっぱりしていて非常に美味しいかったです。こんな暑い夏は、柑橘系のさっぱりジェラートが良く合う。松ぼっくりのアイスジェラートに感激してしまい、すっかり腹の中がアイスで一杯になってしまいました。来て良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年8月19日 (日)

脳内メーカー (脳内イメージ)

暇潰しではありますが、今話題の脳内メーカーであなたの脳内イメージを見てみましょう。ちなみに私の脳内オメージは、(家)(食)(秘)で構成されていました。確かに、家でゴロゴロするのが好きだし、食うことも好きだし、秘密ごと?も好きです。適当な知人の名前を入力すると、思わず笑ってしまうものも出てきますので、いろいろ試してみては如何でしょうか。脳内メーカー(脳内イメージじゃないけど)は下記のHPから試すことが出来ますよ。^^) サーバーが混み合っている場合は、時間をおいてから接続してみて下さい。

http://maker.usoko.net/nounai/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

弁当-31 (冷凍弁当)

今週の冷凍弁当です。定期健康診断で、コレステロール値が198から220になってしまったので、今週から玉子系のおかずを入れないようにしました。玉子は結構コレステロールが高いので、なるべく食べないように心掛けたいと思います。さて、冷凍弁当となるおかずの中身ですが、左から、かぼちゃの素揚げ、砂肝の竜田揚げ、ニジマスのフライ、野菜サラダとなっています。今回、砂肝の竜田揚げを作ってみましたが、砂肝は中から肉汁が溢れてくるので竜田揚げよりもフライの方が良いみたいです。ニジマスはなんか意外に美味しいんですよね。なので、今回も弁当に持っていくことにしました。ニジマスは味付けをやや濃くするのがポイントかも知れません。(ニジマススットクが少なくなってきました、なので次回のメバル釣りは非常に重要になってきます) では、また来週!!

Bentouweek21_4

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年8月18日 (土)

みちのくラーメン (らーめん、ラーメン)

結構、ちょくちょく利用している”みちのくラーメン”を紹介します。私の地元は醤油ラーメン、嫁さんの地元は豚骨ラーメンがメインなので、余り味噌ラーメンを食べる機会は無かったのですが、何故かここの味噌ラーメンを食べているうちに、ラーメン=味噌ラーメンを選択するようになりました。思えば、岩手って味噌らーめん屋が多いですよね。やはり寒いところは味噌らーめんか!ということで、毎度のことながら”みちのくラーメン”へ行くことになりました。

Mitinokuramen01

Mitinokuramen02

店名:みちのくラーメン (ラーメン)
住所:岩手県北上市大通り2丁目4-19
電話:0197-65-1934
営業時間:平日        11:30~午前1:00
       日曜・祭日 11:30~23:45
定休日:水曜日
駐車場:有り

Mitinokuramen03
やっぱり、ラーメンには餃子ですよね。ここの餃子は、野菜餃子に近い感じで、女性の方に特に好まれているようです。私は、もう少し肉を入れて欲しいのですが^^) ここの餃子は、焼き加減がいつも絶妙ですね。この餃子!このまま餃子醤油を付けて食べてもいいのですが、味噌ラーメンのスープと一緒に頂いても、非常に美味しく食べれます。そう!ここの味噌スープは濃厚なんです。

Mitinokuramen04
私はいつも塩バターラーメンに、メンマをトッピングして注文します。ここの塩バターラーメンは、塩ラーメンというか、塩ニンニク・バター・ラーメンという感じで、スープは超にんにくが効いています。これがバターと合わさると非常に美味しい!でもちょっと塩分が高いので、塩スープは残すように心掛けています。しかし、メンマはボリュームがある!

Mitinokuramen05
こちらは、ネギ味噌ラーメンです。嫁さんはネギ味噌ラーメンに、更にワカメとコーンをトッピングします。すると、こんなグロテクス!?な味噌ラーメンが出てきます。麺が見えないぐらい具たくさんです。この味噌ラーメンですが、これも味噌スープににんにく汁が溶け込んでおり、なんとも言えないコクがあります。しかし、スープを全部飲むと、次の日は体がニンニク臭くなってしまうので、適度に味わうのが良いかと思います。しかし、ここの麺は味噌に良く合う!味噌ラーメンをおかずにして、白ご飯を食べると美味しいので試してみて下さい。でも、炭水化物の取り過ぎには注意ですよ^^)。今日も、みちのくラーメンは美味しかったなぁ。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2007年8月17日 (金)

メバルとの決戦の時が近づく

さぁ、メバル釣りの季節です。今年は秋田の沖メバル釣りに行きましたが、釣果はなんと3匹というお寒い結果となりました。思えば、今年に入って秋田での釣りは全部スカばかりです・・・。日本海側に余り縁がないようなので、後は三陸釣り及び志津川でのメバル釣りに集中したいと思います。このメバルという魚ですが、想像以上にうまい!え、こんなにうまいのって感じです。黒ソイなどは、塩焼きにして食べると美味しいのですが、メバルは更にその上をいく美味しさです。例えばメバルは、メバルの煮付けにしても良いし、メバルの塩焼きにしても良いし、メバルの唐揚げにしても良いし、メバルの刺身で食べるのも良しといい事ずくめです。特に25cm以上のメバルの煮付けは、もう格別に美味しい。こんな美味しい魚ならば、冷凍庫一杯になるまで釣ってきても全然問題ありません。そういうわけで、メバル釣りでは有名な、志津川にある三浦屋をさっそく予約しました。9月上旬に釣りに行きますが、この時期はサバも混じるので数はちょっと伸びないかも知れませんが、メバルと同時にアイナメやサバ、ドンコなどが狙えるので私にとってはいい釣り時期です。メバル釣りが楽しみだ。下の写真は生メバルです。
Meba01
ぎょ、ぎょ、ぎょ、寿司王子に出てくる魚ですね。これはウスメバルですが、沖メバルとも呼ばれています。これは刺身にしても美味しいんです。
Mebarunituke01
これはメバルを煮付けしたものです。メバルの腹の部分が特に激ウマです。野菜を添えて食べれば更に美味しいですよ!!メバルの煮付け方は後日掲載します。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年8月16日 (木)

スイカ (すいか) 栄養は?

私はスイカが大好きです。今年の7月から延べ7玉ぐらい消費しています。スイカなんて水分ばかりで、栄養なんてないぜ!というあなた、スイカは結構栄養素が含まれているので、どんどん食べましょう。さて、本日は秋田のすいか売りのおばさんから購入した大玉700円のスイカを割ってみました。この時期になると、中身が空洞になるものも出てくるのですが、きちんと選んで購入すれば、こんな感じの物を選別することが出来ます。

Suikadanmen01
当たりゲット!。すいか売りのスイカや産直で販売されているスイカは当たり外れがあるので、スイカ選びは重要です。なので、スイカ選びの方法も是非マスターしておいてください。さて、話は飛びましたが、スイカの栄養に関して、ちょっとだけ説明します。

【スイカの栄養】

  スイカは水分と糖分で、殆ど栄養が無い!と思っているあなた、実は様々な栄養素が含まれています。ビタミンA・B1・B2・C等のビタミン類、カリウム・亜鉛・カルシウム・リン・シトルリン・グルタミン酸などのミネラル類も含んでいます。この中で注目すべきは、シトルリンとリコピンという成分です。シトルリンは強い利尿作用を持っているので、シトルリンを摂取すると女性の天敵である、むくみなどが緩和されます。リコピンは、スイカの赤い果肉部分に含まれる成分なのですが、このリコピンには活性酸素を抑える、抗酸化作用があります。これらはガン予防によいとされています。なので、食べるものであれば毎日スイカを食べたいものですね。

【スイカの選別方法】

①すいかの深緑と薄緑色のコントラスト(明暗差)が大きいものを選んで下さい。
②スイカのヘタの部分を確認して、干からびていないか確認して下さい。
③表面を軽くポンポンと叩き、返ってきた音がポンポンという軽い音がするものを選んで下さい。表面を軽く叩いて、返ってくる音がボスボスという重い音がするものは、中身が空洞なので選択しないで下さい。
④すいかの皮の厚さはどうやって判断するのか?私も判りません。誰か教えて下さい。スイカの皮が薄い方がいいすいかのようですが、私にはそれを見分ける方法が判りません。^^;;

Suikadanmen02
やっぱり、このすいかは美味しいそうだ。本日から冷蔵庫で冷やして、明日から食べ始めます。^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すづ禅 (ワイン・食彩・創作料理)

純和風な創作料理を食べたくなってきたので、北上市にある和風の飲み屋”すづ禅”に行ってきました。ここは、ランチも結構美味しいので、ちょくちょく利用しています。お店の中は純和風作りで、照明も良く、落ち着きます。

Suzuzen01

店名:すづ禅 (ワイン・食彩・創作料理)
住所:北上市青柳街2-5-28 33BRIJIビル5F
電話:0197-63-7680
営業時間:
昼/11:30~14:30(LO.14:00)
夜/17:00~22:30(LO.22:00)
定休日:昼/日祝、夜/無休
駐車場:有り
席数:100席
個室:6~30名様あり

Suzuzen02
これはお通しです。お通しは”直ぐに注文するので、お通しはいりません”と言えば、お通しを注文しなくとも良いらしいですが、今までそうやって断ったことがありません^^;; でも、今度そう言ってみたいなぁ。このお通しは、どれも美味しく食べれます。味付けは良いですね。

Suzuzen04
きのこと豚しゃぶのサラダです。このサラダは、料理名そのものの料理ですが、非常にボリュームもあり、酒のつまみに非常に適しています。以前は、焦がしにんにくのドレッシングだったような気もしますが、現在はゴマタレのドレッシングになっています。これは絶品なので、是非注文して下さい。

Suzuzen03
これがは、天婦羅盛りです。海老、しし唐、きのこ、野菜天婦羅などが入っています。天婦羅は熱いうちに早めに食べちゃいましょう。

Suzuzen05
これは、鱸(スズキ)とタラコソースとポテトの和え物の料理です。季節料理なので、いつもあるとは限りません。タラコソースとポテトは合うにしても、鱸とタラコソースが合うのかな?とも思いましたが、これが結構相性が良く、美味しく食べれました。既に、ここまで食べるとお腹が一杯になってきたぞ。しかし、どうしても注文したい定番料理があるため、次の料理を注文することに。

Suzuzen06
これは、かん八かまの塩焼きです。これは、酒好きにはたまりません。表面には、粗塩がまぶしてあり、外側はカリッと焼かれています。中身は丁度良く身画が焼かれており、箸を入れると脂がジュワーと染み出してきます。うまい!これは絶品だ!!これは是非注文して下さい。そして、この味は家庭でも再現できると思いますので、この料理の味を良く覚えておきましょう。

Suzuzen07
これは、お茶漬け明太子です。これは普通に美味しいですね。明太子さえあれば、自宅でも作れると思います。

Suzuzen08
これは、おにぎりですが、これがコンビニ価格のくせに非常に美味しい^^;; 握りたてのおにぎりってこんなに美味しいのね。ここまで食べると、もうお腹一杯です。

すづ禅はいいですね。ちょくちょく利用していますが、ゆっくりくつろいで飲むことが出来ます。

続きを読む "すづ禅 (ワイン・食彩・創作料理)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニジマスのフライ (にじますのふらい)

ニジマス(にじます)をたくさん手に入れたので、最近はニジマス料理を行っています。前は、ニジマスのムニエルを作りましたが、今回はニジマスをフライにしてみようと思います。ニジマスの料理は結構あるのですが、ニジマスは淡白で脂分が足りないので、油を用いた料理が一番合うような気がします。今回はニジマスのフライですが、ニジマスの天婦羅も美味しく食べれると思います。

材料:2人分
ニジマス        4匹程度
料理酒         適量
唐揚げ粉        適量
コショウ・塩       適量
サラダ油・ゴマ油 適量
マヨネーズ      適量

作り方:
①ニジマスの内臓と頭を取り除いて、水で綺麗に洗います。
②背骨の部分に血合いが残っていると、臭みが残りますので、その部分は綺麗に取り除いて下さい。
③水3:料理酒1の割合で、ニジマスを洗って下さい。これでニジマスの臭みが取れます。
④綺麗に水分を拭き取ったら、ニジマスを3つにぶつ切りにします。(3枚におろしても良いですが、身が柔らかいので、包丁捌きに自身がない方は、ぶつ切りをお勧め致します)
⑤唐揚げ粉に、ニジマスをまぶします。(下味にコショウと塩をちょっとだけ付けておいてもいいと思います)
⑥油で揚げます。やや低温でじっくり揚げます。5分程度揚げたら、今度は高温にしてニジマスの表面を狐色に仕上げます。
⑦更に盛って、出来上がりです。レモンを添えても良いでしょう。
⑧お酒好きには、マヨネーズもトッピングしましょう。(マヨネーズを付けて食べても美味しく頂けます)

Nijimasunofurai01
油で揚げる際は、やや低温でじっくりと揚げて下さい。最初から高温で揚げると、皮が破れてしまいます。

Nijimasunofurai02
盛り付け後のニジマスのフライです。盛り付けは下手ですが、家庭料理なのでこんな物でしょう^^;; インゲンの胡麻和えも作っていたので、緑物と合わせた方が良かったかも知れません。

Nijimasunofurai03
ニジマスのフライの拡大写真です。結構、美味でした。酒のつまみにいいですよ。

まだまだニジマスが冷蔵庫に眠っているので、どんどん調理して食べないといけません^^;; 。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月15日 (水)

弁当-30 (冷凍弁当)

今週の冷凍弁当です。前回はゆで卵を冷凍にした結果、非常にまずい物を食べる羽目になりましたので、今回はオーソドックスな弁当に戻すことにしました。今週はお盆の休み明けなので、はっきり言って手抜き弁当です。手抜き弁当の場合は、おかずが3種類になります(笑) 左から、スクランブルエッグ(これは簡単でいい!)、ニジマスのフライ(弁当にニジマスのフライを持って行くのは、全国でも珍しいと思う)、野菜サラダです。さて、今回の冷凍弁当はどんな味なのか?ニジマスのフライが美味しく食べられるかが鍵です。では、また来週!!

Bentouweek20
しかし、毎朝、旦那さん、子供の為に弁当を作っている世間のお母さん達!この仕事は結構きついです。 毎朝、毎夕ご飯を作るのは大変な作業ですね。この他に皿洗いもある・・・。家事は仕事と同じくらい大変ですね。なので、男は仕事しているからエライという思い込みは捨てましょう。(カブトムシの世話も面倒^^;;;)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

カブトムシの戦い

約1ヶ月前から飼育を始めたカブトムシですが、毎夜小競り合いを続けています。仲良く食事をするということは殆どなく、自分の周りに近づいてきたムシはすべて攻撃します。特にオスの周りの5cm以内に入ると、小競り合いの開始です。

Kzbutomushi01
さて、このぐらいの距離になるとオス同士は小競り合いを始めます。右上のオスカブトムシは、このカゴの中で最も凶暴なカブトムシです。左下に写っているカブトムシはちょっと大人しいカブトムシです。

Kzbutomushi02
しかし、先制攻撃を始めたのは、なんと大人しいカブトムシです。角を体の下に入れて、右上のカブトムシをひっくり返えそうとしています。

Kzbutomushi03
取っ組み合いが開始されて約2分ほど経ちました。まだ決着が付いていないようです。ちなみにカブトムシはひっくり返されると負けを認めるのか、ひっくり返された後は、その場から立ち去ります。メスは、昼間は余り出てきませんが、メスもしょっちゅう小競り合いをしています。エサはカブトムシ分を用意しているのですが、仲良く食事することはありません^^;;

こんなに元気なカブトムシですが、クワガタよりも寿命が短く、成虫になってから約1ヶ月~2ヶ月程度で死んでしまいます。大きいのに余りタフではないのかも知れません。虫ゼリーの諸費が激しいので、今週末にまた購入しないといけません。エサ代が結構かかりますな。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さゆり食堂 (喜多方ラーメン)

喜多方ラーメンも結構食べ歩いてみましたが、家の嫁さんの一押しのラーメン屋がこのさゆり食堂です。私もここのさゆり食堂の醤油ラーメンは非常に完成度が高いラーメンだと思っています。喜多方ラーメンの定番は坂内食堂などですが、我が家はさゆり食堂が喜多方ラーメンの定番になっています。

Sayurisyokudou01

店名:さゆり食堂 (喜多方ラーメン)
住所:福島県喜多方市字清水が丘1-11
電話:0241-23-1317
営業時間:11:00~14:00
               17:00~19:00(スープがなくなり次第終了)
定休日:火曜日(GW、お盆、正月は営業)
駐車場:15台くらい止められます。

Sayurisyokudou02
これが、さゆり食堂の醤油ラーメンです。初めて来る方は皆、チャーシュー麺を注文しますが、チャーシュー麺よりは醤油ラーメンを注文してみて下さい。(理由は後で説明します) ここのラーメンはどんぶりが大きく、スープがたっぷり入っています。ラーメン自体は写真の様にシンプルですが、非常にコクのあるスープで、何よりスープが透きとおっています。スープはウルメ煮干、野菜、豚骨などから作っているそうですが、豚骨の臭みは全くありません。程よい煮干の風味と醤油のコクが口の中へ広がってきます。麺は、喜多方ラーメンおなじみの縮れ麺で、表面はツルツルしており、何より噛むともちもちして非常に美味しい。チャーシューは柔らかいバラ肉を使用しており、口の中に入れるととろけるように無くなります。非常に美味しいのですが、ちょっと味付けが濃い目なので、2枚ほど食べれば十分だと思います。なので、チャーシュー麺を食べるより醤油ラーメンを食べた方が、バランスが良いです。

Sayurisyokudou03
こちらが、五目味噌ラーメンです。ここへ来るお客の殆どが醤油ラーメン又はチャーシュー麺を注文しますが、この五目味噌ラーメンも美味しいですよ。かなりボリュームがあるので、これだけ食べても非常に満腹になります。

あとさゆり食堂には、ラーうどんというメニューがあり、これも人気なのですが、まだ注文したことがありません。(今度行ったら注文してみよう!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

むらい (ソースカツ丼)

2回目の紹介になりますが、このソースカツ丼のボリュームを見て下さい。たまたま観光地のパンフレットを見て、試しに来てみたのですが、それが大当たりしました。これはすげぇ~~~、最高だよぉ~~。なんという迫力だ!こんなビックなソースカツ丼は今まで見たことが無い!しかも値段が驚きの1050円。おいおい、値段も恐るべき安さだ!この値段でお店を経営しているのだから、他のとんかつ屋は勉強が足りんぞい!しかし、大きいから・値段が安いからと言って、美味しくなくては話になりません。肝心の味ですが、美味いよぉ~これは!。薄味のソースなので、全然こってりしていない。もしソースが必要なら、テーブルの上にソーツカツのソースも置いてあるので味を調整することが出来ます。これは本当にお勧めです。もし会津若松に観光に来ることがあれば、是非このお店は押さえておきたい!!!家族で行っても、恋人同士で行っても、友人と行っても、いい思い出になると思います。ちなみに、私は4切れ目で限界に達し、残りはタッパに詰めて持ち帰りました。(ちょっとしたお土産にもなります^^;;)タッパはお店で準備してあるので、手ぶらで行っても問題ありません。

店名:お食事処むらい
住所:会津若松市門田町中野屋敷107-1
電話:0242-26-1037
営業時間:11:00-14:00 / 17:30-20:00
定休日:木曜日
駐車場:30台(2箇所あります)

Murai01
これが、ソースカツ丼ですが、その大きさと肉の厚さにビックリです。トンカツの厚さは約3.5~4.0cmあります。普通は全部食べれないと思うけど・・・。

Murai02
こちらが”じゃらん丼”です。期間限定で販売していたそうですが、好評だったので、そのまま続けることにしたそうです。こちらは、エビとヒレカツが入っています。こちらもかなりのビリュームなので、食べきることは困難です。

Murai03
やっぱりタッパに入れて持ち帰ることになりました。^^) 普通はこれだけでも1人前以上ありますよ。電子レンジで暖め直して食べましたが、やっぱり美味しかったです。ソースカツなんですが、薄口の味に調整しているから、いつでも美味しく食べれるのだと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夏油高原温泉 (げとうこうげんおんせん)

夏油温泉の手前にある、スキー場内にできた夏油高原温泉ですが、これが意外にいい温泉です。露天風呂は、前面が開放(カラスもありません)されており、北上市内を一望できます。更にここの露天風呂は、頭にタオルなどを置いて寝転がって入ることができます。これは本当にリフレッシュできます。とはいっても混雑していると芋洗いになってしまいます^^;;ので、なるべく空いた時間を狙って行くことをお勧め致します。例えば、土曜日の午後3時以降になるとお客も減りますので、ゆっくり温泉を楽しむことができます。更に午後5時以降は殆ど人が居ませんので、ほぼ貸切り状態で温泉を楽しむことが出来ます。サウナも充実していますが、私はサウナは苦手なので利用したことがありません^^;; サウナが好きな方はきっと夏油高原温泉を気に入ると思います。

Getoonsen01
温泉から上がった後は、2Fラウンジのリクライニングチェアでゆっくりしていって下さい。お気に入りの音楽を持って、ここでビール&ジュースを飲みながらゆっくり寛ぐのが良いと思います。でもビールを飲んだら運転は厳禁ですよ!なので私はいつもジュースで我慢しています。

温泉名:夏油高原温泉(げとうこうげんおんせん)
住所:岩手県北上市和賀町岩崎新田
電話:0197-65-9005
営業時間:10:00~18:00(最終受付17:30)

夏油高原温泉HP

入館料金(入浴料・入湯税・休憩料含む)
大人:800円 小人:500円
ラウンジウエアー&タオル付き入浴料金:1200円
レンタルタオル:200円
レンタルラウンジウエアー:300円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月14日 (火)

天榮 (てんろん)(テンロン)

美容室の方に勧められて北上市役所の近くにある中華屋の天榮(てんろん)へ行くことにしました。

Tenron01_3
ここのお店の漢字は難しいですね。書けない読めないときたものだ。中華のてんろん(テンロン)で検索できればいいのですが・・・。さてこの中華家の天榮ですが、TVのピノキオで紹介されたこともあり、意外に有名なお店です。私達は、美容室の方が是非エビチリを食べてみて!と言っていたので、中華春巻き、エビチリ、五目そば(ラーメン)を注文しました。家の嫁さんは、何故か五目そばがあると必ず五目そばを注文するな・・・なんでだろう?。五目は全部食べられ麺は私が食べるという図式が成り立っていますが^^;;。

Tenron02_2
これは中華春巻きです。カリっと揚がっていて、具の味もしっかりしていて美味しいですね。このきゅうりは飾り包丁が入っていて、綺麗に仕上がっていました。

Tenron03_2
これがお勧めのエビチリです。エビはプリプリ、丁度いい辛さで非常に食べ易い!これは、いけますねぇ~。結局、あっという間に食べきってしました。これ、自宅でできないかな?こういった料理が家庭でも出来ると嬉しいのすが、やはりプロの技ですね。

Tenron04_2
五目そばです。五目ラーメンだったかな。この五目そばですが、ちょっと私には味が薄いような感じがしました。麺が中華風麺なので、味付けはこれで良いのかも知れません。やはり予想通りに、五目は嫁さんに殆ど食べられ、麺は私が頂くという形になりました。麺が大好きなので、いいんだけど、炭水化物の取り過ぎで体重Upにならないように気を付けないといけません。

店名:中華家 天榮(てんろん)(テンロン)
住所:北上市大曲5-13
電話:0197-65-7778
営業時間:11:30-14:00 (L.O. 13:30)
       17:00-21:00 (L.O. 20:30) 
定休日:火曜日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

燔々亭 (ばんばんてい) 焼肉

岩手県の北上市にあるお洒落で美味しい焼肉屋を紹介します。焼肉処燔々亭(やきにくどころ ばんばんてい)という名前ですが、難しい名前なのでバンバン亭と覚えておきましょう。お店はそんなに広くはありませんが、店内にはジャズBGMが流れ、壁には宮城県在住の若手イラストレーターが書いた有名人の似顔絵が飾ってあり、焼肉屋にしてはお洒落な作りになっています。ここの焼肉はどれも絶品ですが、特にタン塩とロースは格別に美味しいです。以前はタン塩も1皿900円程度で食べれたのですが、現在は1皿なんと2000円・・、国内産の牛タンの価格が上昇したからだということですが、これ以上価格が上昇すると庶民には手が出なくなります^^;;;;。

店名:焼肉処燔々亭(やきにくどころ ばんばんてい)
    バンバンテイ
住所:岩手県北上市大通り1丁目2-22
電話:0197-65-5616
営業時間:17:30~深2:00(深1:00LO)
定休日:月曜・第三火曜(1、8、12月除く)

Banbantei01_2
先ずは、レバ刺しを注文しました。ここのレバ刺しは臭みが殆どなく、にんにくとゴマ油の付けタレをたくさん付けて食べると、もう至福の美味しさが口いっぱいに広がります。レバ刺しは非常に冷えた状態で出されるので、出されたらなるべく早めに食べた方が美味しく頂けます。

Banbantei02
これが絶品料理のタン塩です。昔は900円だったので2人で行っても3皿は注文していたのですが、現在は2000円もするので1皿しか注文できません。早く昔の価格に戻らないかな・・・。ここの牛タンは厚みがあり、塩の味付けも絶妙です。この牛タンの表面を軽く焼いた状態で食べると、もう何ともいえない美味さです!!家の嫁さんは良く火を通して食べますが、私は牛タンの肉汁がじゅわーと出てきた瞬間に食べます。このようにして食べると、牛タンのコリコリ感が残り、また噛んだ際に肉汁がじゅわーと出てくるので、非常に美味しく食べられます。是非、この牛タンは注文して下さい。

Banbantei03
次は、ロースです。ここのお店のロースはなんと生で食べれます。ユッケに近い感じですね。なので火は一切通さず、付けタレにロースを入れて、そのまま食べちゃって下さい。焼いても美味しいのですが、ここのロースはそのまま食べることをお勧め致します。焼いちゃうと、肉のボソボソ感が出るので、焼く場合は3秒以内にしましょう(笑) 正直、生でロースがここまで美味しいとは思いませんでした。

Banbantei04
これは、カルビです。数年前からカルビの肉が変わったらしく、それ以降非常に美味しくなりました。以前のカルビは上品なカルビという感じで、なんかパンチ不足のカルビでしたが、今のカルビは脂付きがよく柔らかいので満足の一品に仕上がっています。このカルビも軽く焼いて食べることをお勧め致します。十分に焼いてしまうと、肉汁が全部落ちてしまうので、ちょっとレアかなと思う程度で食べましょう。(私は何度もレア状態で肉を食べていますが、お腹を壊したことは一度もありません)

Banbantei05
これは韓国風冷麺です。酢の風味が効いており、非常にあっさりしています。カルビを食べた後に、この韓国風冷麺を食べると、さっぱりしますねぇ~。で、ばくばく食べるので食べ過ぎになるのです^^;; 意外に私はこの韓国風冷麺が好きです。

Banbantei06
これは盛岡冷麺です。麺は非常に太めに仕上げています。スープはちょっと甘めに調節してありますが、キムチと一緒に食べると何ともいい味となります。これも美味しいですよ。

Banbantei07
これがいつも注文するビビン麺です。写真を撮る前にちょっと食べてしまったので、写真写りが悪くなってしまいました。ビビン麺はこのように真っ赤です。で、このまま食べても美味しいのですが、かなり辛いです。なので、付けタレに麺を付けて、麺に付いている辛味を落としながら食べて下さい。なんかこのビビン麺は癖になる美味しさを秘めています。辛い辛いと書いてありますが、食べた瞬間は甘いのです。その後、いろいろな薬味や麺の味が広がり、最後に辛さを感じる料理です。とにかく、このビビン麺は最後に注文して、味を楽しんでみて下さい。

続きを読む "燔々亭 (ばんばんてい) 焼肉"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年8月13日 (月)

ポラーノ (アイス・ジェラート)

厳美渓とサハラガラスパークへ寄ったら、是非、手作りアイスのお店の”ポラーノ”まで足を運んで下さい。お店の場所は結構山の中?にぽつんとあるので、直ぐに見つけられると思います。ここのアイスは濃厚で非常に美味しいです。そしてジェラートはフールツ感がそのまま残っており、いい香りがするジェラートに仕上がっています。メニューは、シングル=250円、ダブル=300円、カップ=250円の3種類から選ぶのですが、ダブルを食べるとアイスでお腹がタプタプになるので、シングルを選択した方が無難です。しかし、『アイスならいくらでも食べれる』という方は、ダブルを注文して、アイスを満喫して下さい。

店名:ポラーノ (ぽらーの)
住所:岩手県一関市厳美町入道178-3
電話:0191-39-2272
営業時間:10:00~17:00
定休日:無休
駐車場:有り

Porano01
お店の目印(看板)はこんな感じです。お店の周りには何もないので、見落とすことはないと思います。

Porano02
丁度、午後3時頃に行ったのですが、この様に行列が出来ていました。でも、行列が出来てもアイスは直ぐに注文できるので、待ち時間は殆どありまえん。お店の中に席も用意されていますが、場所がない場合は、外で食べる、車で食べる、歩きながら食べると、いかようにもできます^^) 食べ過ぎてお腹を壊さないようにして下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サハラガラスパーク (さはらがらすぱーく)

厳美渓の近くにあるサハラガラスパーク(さはらがらすぱーく)を紹介します。ここでは、世界各地のガラス工芸品を10万点以上揃え、それらを展示・販売しています。オリジナル製品は、北上川から産出される砂鉄を使った、”平泉びーどろ砂鉄ガラス”です。吹きガラスの体験3150円~もできるようですが、事前予約が必要です。でも体験3150円は高いよぉ~。一般人には1500円が限度だと思います^^;;

店名:サハラガラスパーク(さはらがらすぱーく)
住所:岩手県一関市厳美町字滝の上263-1
電話:0191-29-2288
営業時間:9:00~18:00
定休日:無休
入場料:無料

場所は厳美渓(げんびけい)の直ぐ隣です。厳美渓へ行く場合は、サハラガラスパークへ駐車すると駐車料金も取られないのでいいですよ。サハラガラスパークから厳美渓までの距離は僅か数百メートルですので、厳美渓の有料駐車場は使わなくとも良いと思います。

Saharagarasu01_2
人が居ない時を狙ってサハラガラスパークの写真を撮って見ました。厳美渓とセットの観光名所となっているようなので、結構お客は入っているようです。ガラス工芸品の価格も、それなりの物から揃っているので、気に入った物があれば是非購入してみてください。我が家はいつもガラスのマスコットなどを購入して、テーブルの中に飾っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月12日 (日)

厳美渓 (げんびけい)

厳美渓(げんびけい)は、岩手県一関市にある磐井川中流にある渓谷です。厳美渓の全長は約2㎞で、奇岩の連なる渓谷を見て楽しむことができます。1927年に国の名勝及び天然記念物に指定され、その後観光客が急増したとのことです。ここの見所は、やはり岩と川と木々のコントラストでしょうか。全部を散歩するには非常に時間がかかるので、大雑把に1週したい場合は、馬車を利用すると良いでしょう。馬車での運賃は1名800円です。

地名:猊鼻渓(げいびけい)
住所:関市厳美町滝の上(住所はないようです)
    一関市商業観光課
電話:0191-21-8413
営業時間:夜も自由に入れると思いますが、危険防止のため日中に行って下さい。
定休日:なし

さて、これから厳美渓を見て回るのですが、観光当日は超炎天下で全く歩く気がおきませんでした。ふと周りを見ると、大型の馬が2頭います。今日は絶対に歩きたくないので、馬車に乗って厳美渓をさっくと見て回ることにしました。観光料金は1名800円です。子供のポニー代と同等なので、それと比較すると安いです。

Genbikei01
これが馬車を引っ張ってくれる2頭の馬です。馬車に乗る方は、馬車のおじさんに頼めば、記念撮影もしてくれます。馬は非常のおとなしいので、なでなでしてあげて下さい。

Genbikei02
馬車へ乗り込み写真を1枚。後ろから見るとこんな感じです。馬車のくせに?結構スピードが出るので、乗っていて楽しいです。更に、この馬車はカントリー音楽が流れます。結構凝っていますね。あと、厳美渓の歴史などの説明アナウンスも入ります。馬車に乗ると、いい風が吹き込んできて、結構いい感じですよ。

Genbikei03
馬車から見た厳美渓の風景です。私が乗車した場所が、渓谷と反対側だったので、余りいい写真を撮ることが出来ませんでした^^;;  そんな訳で、馬車での厳美渓の旅は約15分程度で終わりました。途中、大きなバスとすれ違ったのですが、その時ちょっと馬がびっくりしたらしく、慌てた様子をちらっと見せましたが直ぐに大人しくなりました。馬は結構利口ですね。

Genbikei04
これは、厳美渓の真ん中の橋から下流を写した写真です。上流の景色が厳美渓のメインとなるのですが、記念撮影用の写真しか撮っていなかった・・・。本当はもっと綺麗な渓谷が広がっています。最後に、ここの名物である郭公だんご(かっこうだんご)を説明します。

郭公だんご(かっこうだんご)
厳美渓では「空飛ぶだんご」として知られる、郭公だんご(かっこうだんご)が名物となっています。これは厳美渓の休憩所に設けられているもので、ワイヤーロープでつないだ籠に代金を入れ、合図の板を叩くと、対岸の店が注文を聞いて三種類の味(あん、ごま、醤油)のだんごとお茶を提供してくれるというものです。が、私は試したことがありません。というのは、対岸へ行けばお店の中でゆっくり”だんご”が食べられるからです(笑)。炎天下の中で、だんごを食べたくない^^;; やっぱり団子は涼しいところでゆっくり味わって食べるのが良いかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月11日 (土)

猊鼻渓 (げいびけい) 船下り

猊鼻渓(げいびけい)は、岩手県一関市東山町の東部にある砂鉄川沿いにあります。渓谷は全長2kmで、高さ50mを超える石灰岩の岸壁が連続して見ることができます。更に、奇妙な形をした岩石や流れ落ちる滝が点在し、小さな鍾乳洞も見ることが出来ます。川にはウグイの他に錦鯉などが見ることができますので、是非船に乗る際は、魚のエサを買い忘れないようにして下さい。猊鼻渓の名称の由来は、渓谷の上流に鍾乳石があるのですが、その鍾乳石が獅子の鼻に似ていることからこの様に名付けられたようです。(猊とは獅子のことらしい) ここ猊鼻渓は、船頭が謡う猊鼻追分を堪能しながらの舟下りを楽しめることから、観光地として人気があります。冬はこたつ付きの船が出るようなので、冬にも1度は行ってみたいと考えています。

地名:猊鼻渓(げいびけい)
住所:岩手県一関市東山町長坂字町467
    (有)げいび観光センター
電話:0191-47-2255
営業時間:冬季は15:00が最終便です。電話で確認して下さい。
定休日:雨天の場合は船が出ない場合があります。
     行く前に電話で確認するのが無難だと思います。

では、写真ですが、猊鼻渓を楽しんで下さい。

Gaibi01
さぁ出発です。魚の餌は購入しましたか?1袋50円だったと思いますので、2袋ぐらい購入しちゃいましょう。写真の右側に映っているのが船頭さんです。先頭さんは24名程度いますので、誰に当たるかは判りません。面白い先頭さんに当たれば良いですね。

Gaibi02
上に目線を移すと、こんな景色が広がります。岸壁と緑のコントラストが美しいですね。秋になると、岸壁と紅葉の景色が広がるそうです。(秋には行ったことがない^^)

Gaibi03
乗船してから5分程進むと、このような森の美しい景色を楽しむことが出来ます。森林浴でリフレッシュしましょう。この写真を見て何か気付きませんか?よーく見て下さい。やや左上に、白い鳥がいます。

Gaibi04
目線を川へ移すと、メダカがたくさん泳いでいた!でも写真には写っていない・・・。見て下さい、この綺麗な川を。ここで水浴びしたら、きっと楽しいと思います。ちなみに、猊鼻渓のコースで一番深いところが1箇所だけあり、そこは水深8mあるそうです。その他は、非常に浅いので、船から落ちても溺れることはありません。でも、危険だから船から落ちないようにしましょう。

Gaibi05
いやぁ~、緑が綺麗だなぁ。外の気温は30℃近くありましたが、ここは気温が低く、非常に気持ちいいです。

Gaibi06
まだまだ船下り(今は上りですが)は続きます。この絶景を眺めながら、船はどんどん上流へ向かっていきます。そういえば、今回の船頭さんはやけに駄洒落が多かったです。駄洒落が好きな方は、結構楽しめるんじゃないかなと思います。(私は楽しめた方です)

Gaibi07
この岸壁などは今にも崩れそうですね。こういった景色を眺めていると、”天空の城ラピュタ”を思い出す!きっと私だけじゃない筈だ!家の嫁さんは、景色よりも錦鯉に目を奪われているようですが・・・。

Gaibi08
原生林の中を船で突き進むという感じでしょうか。自然は美しいですね。是非、都会暮らしに疲れた際は、このような景色を見てリラックスしてください。

Gaibi09
右上に見える白い花は、たぶん山百合です。先ほど、山百合がたくさん咲いている場所があったのですが、写真を撮ることが出来ませんでした。大きいですね山百合は。

Gaibi10

Gaibi11

Gaibi12
連続3枚、渓谷の写真を掲載してみました。このような景色が連続で目に飛び込んできます。お魚ばかりに目を奪われると、このような絶景を見逃してしまいますので、お魚遊びはほどほどにして、この絶景を楽しみましょう。

Gaibi13
この景色が見えてきたら、そろそろ終点は近いですよぉ~。見よ、この岸壁の高さ!120mくらいの高さがあるとかないとか、もはや記憶が定かではありませんが、とにかくこういった切り立った岸壁を見ることができます。

Gaibi14
さぁ、船下りも終点です。この景色が猊鼻渓のポスターになっている写真です。雨季時には、この岸壁の側面から湧き水が流れ出るそうです。

Gaibi15
船頭さん、ご苦労様です。帰りも宜しくお願い致します。さて、ここまで来ると、一旦下船して、最終目的である猊鼻岩を目指し、徒歩で約5分程度歩きます。帰りは同じ船に乗る必要はありませんので、午前中に船に乗り、ここで弁当を広げてくつろいで、午後ゆっくり船に乗って帰ることも出来ます。家族でゆっくり猊鼻渓を楽しみたい方は、レジャーシートとお弁当を持参することをお勧め致します。

Gaibi16
これが、猊鼻岩です。獅子の鼻というよりは、人間の鼻の形に近いような気もします。この最終目的地では、対岸の穴に石を投げ込むと願いが叶う?というイベントがあるので、是非やってみて下さい。石は5個で100円です。私は10個投げましたが、そのうち1個が穴の角に当たって、半分だけ入ったような感じでした。野球経験者なら、穴に入れることは出来ると思いますが、私のように野球を余りやった事がない人は、結構難しいです。ちなみに、うちの嫁さんは対岸まで石が届かない・・・^^;; 横にいた親父さんも、あさっての方向へ石を投げていました。余り無理にやると肩を痛めるので、ほどほどに楽しんで下さい^^)
猊鼻渓の船下りの旅、楽しんで頂けたでしょうか。私は、結構楽しんで来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

スイカ星人

私は大のスイカ好きです。秋田からスイカ売りの農家の方が来ることもあって、超大玉のスイカを格安で手に入れることが出来ます。もっとも形はちょっと悪いのですが、形なんて気にしないので安いに越したことはありません。そんな訳で、我が家では1週間にスイカを2個程度購入します。大玉で1個700円です。これは安い!!1個分切って、冷蔵庫へ入れるとこんな感じになります。これを朝昼晩と食べるのです(笑)

Suikaseijin01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お盆休みに突入

本日からお盆休みに突入です。全部で5連休とちょっと短いですが、近場の観光地を巡ってリフレッシュしたいと思います。今、猊鼻渓の写真をまとめている途中ですが、時間がないのでまた夜にでも更新したいと思います。今日は、暑い!さっき、電気の使い過ぎてブレーカーが落ちてしまった。^^;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 9日 (木)

地水庵 (そば処) 二束の草鞋

平泉へちょっとした小旅行へ行く予定があったので、会社の方に美味しい蕎麦屋を教えてもらいました。それがこの”地水庵”です。えーと、このお店なんですが、通りからちょっと引っ込んだ場所にあって、なかなか見つけられません。なので地図を良く見て、場所を確認してからお店へ行った方が無難です。ナビがある方は、電話番号を入力すればOK!

店名:地水庵 二束の草鞋(わらじ)
住所:岩手県平泉町衣関1-3
電話:0191-46-5484
営業時間:午前11:30~営業開始(売り切れ後終い)
定休日:火曜日・水曜日

さてお店の外観ですが、記念撮影用の写真しか撮れず掲載出来ず・・・残念。外観は、古い民家を改築したような感じで、非常に雰囲気が良いです。大人のデートスポットにも利用できると思います。店内はかなり凝った作りになっており、クーラーなどは天井と一体になった作り、更に超大型スピーカーが目立たないように配置されています。蕎麦屋なのですが、作りが凝りに凝っています。これは蕎麦も期待できそうだ!

で、メニューは2種類しかなく、通常の蕎麦と古代蕎麦かな?ざる蕎麦はこの2種類だけしかないようです。早速、1つずつ注文し、天婦羅も食べたかったので、野菜天婦羅も注文しました。

さて、注文してから待ち時間が長い・・・。全然、蕎麦が来ない・・・。30分経過しても蕎麦が来ない・・・。一体どうなっているんだ。お客はじっと待ち続けます。そして1時間後に蕎麦が出てきました!!(これは注文してから蕎麦を打っているのかも知れない。きっとそうに違いない筈だ・・・) うおー、本当にお腹が空いているので、早速食べることにしました。こちらが通常の蕎麦です。

Teburesoba01
お腹が減り過ぎて手ぶれしました。見た目は古風でいいですねぇ~。これをアップで撮るとこんな感じです。そば粉が見える。

Teburesoba02
蕎麦はコシがあって美味しいです。更に、そば粉の風味が残っており、なかなかの一品ですね。ちょっとだけ個人的な不満があるとすれば、そばつゆの味がもう少し辛い方が良かったかな?という感じです。蕎麦は美味しい!

Kodaisoba01
で、こっちは古代蕎麦(だと思った)です。器も美しいですね。こちらの蕎麦は、そば粉が荒い感じの蕎麦でした。味は普通と大して変わりませんが、触感はこちらが上。なので、こちらを注文した方が良いと思います。ちょっと問題なのは蕎麦の量が非常に少ないので、たくさん量を食べたい方は、2つ注文した方が無難です。

で、最後の感想です。蕎麦は非常に美味しいですが、待ち時間が余りにも長過ぎます。お子様連れで来るにはちょっと問題がありますので、ゆっくり蕎麦を堪能したい方だけが来店した方が良いと思います。また、お客の回転はもの凄く悪いので、確実に蕎麦を食べたい方は午前11:50頃までにお店へ行った方が無難です。私はまたここの蕎麦を食べたいですね^^).

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カブトムシ

以前、カブトムシの飼育を始めたと書きましたが、オスとオスが結構ケンカをしてしまい、片方のオスがボロボロになってしまいました。このまま放置すると弱いカブトムシはどんどん衰弱してしまうと思い、思い切って大きなムシカゴを購入しちゃいました。カブトムシなんて飼育するつもりはなかったのに、どんどん出費が増えます。カブトムシのエサも意外と値段が高い。なんだかんだで、今まで8000円くらい使ってしまいました。こうなったら、最後まで面倒見ます!メスは人気がないのですが、意外とメスが可愛い。(穴掘り得意です)

Mushigago
これが新しいムシカゴです。マットも新しい物へ変えました。これでカブトムシ君も安心して暮らせるでしょう。^^)

Kabutomushi001
これが苛められているオスのカブトムシです。皮が剥げているところは別のカブトムシにやられた部分です。結構カブトムシはエサ争いが激しいです。なので、今はちゃんとカブトムシ分のゼリーを与えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 8日 (水)

弁当-29 (冷凍弁当)

今週の冷凍弁当です。今回は卵を焼くのも面倒くさいということで、ゆで玉子を弁当に入れて持っていくことにしました。今週のおかずは、左から、カレー風サラダ、ズッキーニの天婦羅、鯵の竜田揚げ、にんじんの天婦羅、ゆで玉子となっています。先ず、カレー風サラダは、解凍後も味がしっかりしており、非常に美味しく食べれました。次にズッキーニの天婦羅ですが、これは前回持っていった時にちょっと水っぽくなったので皮の部分だけ天婦羅にしましたが、それでもやっぱり水っぽいです。なので、ズッキーニはアスパラと同じで、どう調理しても冷凍弁当には不適となります。その他の鯖の竜田揚げ・にんじんの天婦羅は問題なく食べれました。そして問題のゆで玉子ですが、これは正直非常に美味しくない!黄身の部分は全く問題なく食べることが出来ますが、白身の部分は、スポンジ状になってしまい、もう食べ物ではありません。なので、冷凍弁当にゆで玉子の白身は不適です。今回は、結構失敗品が入った冷凍弁当になってしまいました。では、また来週!!

Bentouweek19

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 4日 (土)

砂肝と野菜炒め

砂肝は銭金料理です。非常に安く購入することが出来、また上手に調理することで夕食のおかず&ビールのお摘みに変身します。私は、ビール好きなので、砂肝の野菜炒めは非常に好きな料理の一つです。

Sunagimo02

材料:2人分
砂肝       200g程度
玉葱       1個
ピーマン      1個
にんにく      3片程度
レモン       お好みで
コショウ・塩    適量
醤油        適量
サラダ油・ゴマ油 適量

作り方:
①砂肝を5mm程度の太さにスライスします。良く洗っておいて下さい。
②フライパンにサラダ油を入れ、輪切りにしたニンニクを入れて炒めます。
③ニンニクが狐色になったら、砂肝を入れます。その後、料理酒を少々入れて下さい。(入れなくとも良い)
④砂肝から肉汁が出てくるので、フライパンに蓋をして5分程度蒸し焼きにして下さい。
⑤その間に玉葱とピーマンを切って、水洗いしておきます。
⑥フライパンの蓋を取り、玉葱とピーマンを入れます。
⑦玉葱がしんなりなってきたら、醤油を少々入れ、塩・コショウで味を整えます。(醤油はほんの少しで良い)
⑧味が調ったらお好みでゴマ油をちょっと掛けます。
⑨皿に盛って、出来上がりです。後は、レモンを添えて飾ります。(レモンは無くとも良い)

これは美味しい。しかも家計に優しい料理です。

Sunagimo03

| | コメント (2) | トラックバック (2)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »