« 物価高で・・・ | トップページ | メバルの黒胡麻鍋 (メバル料理) »

2008年1月27日 (日)

トゴットメバル (沖メバル)

同じ沖メバルでも、いろいろな種類がいて、地方でも呼び名が異なったりします。沖メバルというと、沖で釣れる大型のメバルを単純に沖メバルと呼んでいるようですが、沖メバルと言ってもこのトゴットメバルはウスメバルと比較して食味がかなり落ちます。このトゴットメバルは、太平洋側では岩手県より南、日本海側では新潟県より南に生息しており、体長は20cm~25cm程度までしか成長しないようです。この沖メバルの一種であるトゴットメバルは、水深60~120m程度に生息しており、一年を通して釣ることのできる沖メバルです。通常は、ウスメバル狙いですが、このトゴットメバルも混じって釣れる場合もあるので、よく魚を見比べてみて下さい。トゴットメバルはこんな感じです。

Togotto04_2
クリックすると拡大して見れます。

なんだ!ウスメバルとどこが違うんだ!!というあなた。よーく魚を見て下さい。トゴットメバルは背中の斑紋が非常に濃く、ウスメバルの斑紋の位置とも異なります。なんかこのメバル美味しくないな?とおもった沖メバルはトゴットメバルの可能性がありますので、よく魚の種類を確かめて見て下さい。トゴットメバルも美味しいと思いますが、ウスメバルと比較すると、やっぱり味が劣るのです。(あと最近思ったのは、ウスメバルでも体系が2種類存在するような気がしてなりません。気のせいかな?)

ブログランキングへの応援をお願い致します。彡☆ヾ(⌒▽⌒)

|

« 物価高で・・・ | トップページ | メバルの黒胡麻鍋 (メバル料理) »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トゴットメバル (沖メバル):

« 物価高で・・・ | トップページ | メバルの黒胡麻鍋 (メバル料理) »