映画・テレビ

2007年7月15日 (日)

ダイ・ハード4

ダイ・ハード4を見てきました。レイトショーで見たせいか、映画館には全員で4人しか居ません。恐るべしレイトショー。でも、スカスカの映画館でダイ・ハード4が見れるのは、田舎の特権だと思います。これが都会だったら、レイトショーでも人が沢山いますからね^^;; さて映画の内容ですが、私はこういうストーリーの展開は好きです。いきなりしょうもない事件の担当になり、その事件から全米を巻き込んだ大事件へ進展する。2時間以上の映画ですが、あっという間に終わってしまったような感じです。ダイハード4が出たので、ダイハード5も出るかな?しかし、これ以上大きな事件を作るのは大変だぞ!と思いつつ、次回作に密かに期待しています。(ちなみに私は、ダイハード3をまだ見ていません^^;; なんか前評判が余りにも良くなかったので、レンタルもしていない状況です)

ダイ・ハード DVD ダイ・ハード

販売元:20世紀フォックスホームエンターテイメントジャパン
発売日:2007/06/16
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ダイ・ハード2 DVD ダイ・ハード2

販売元:20世紀フォックスホームエンターテイメントジャパン
発売日:2007/06/16
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ダイ・ハード3 DVD ダイ・ハード3

販売元:20世紀フォックスホームエンターテイメントジャパン
発売日:2007/06/16
Amazon.co.jpで詳細を確認する

DVDの価格もアメリカのように最初から1500円前後にすればいいのに。最終的には1000円近くまで値段が下がる訳ですから、新作でも1500円程度で販売してくれると消費者は助かる。

ダイ・ハード トリロジーBOX ダイ・ハード4.0劇場ペアチケット付き (Amazon.co.jp仕様) DVD ダイ・ハード トリロジーBOX ダイ・ハード4.0劇場ペアチケット付き (Amazon.co.jp仕様)

販売元:20世紀フォックスホームエンターテイメントジャパン
発売日:2007/06/16
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月 5日 (木)

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド

パイレーツオブカリビアン3は、結構楽しめました。2から3へのストーリの繋がりと海賊達が何のために集まるのか今一はっきりしませんが、そういった箇所を無視すれば、先の展開がなかなか読めずアクションシーンも迫力があり非常に楽しめる内容となっています。個人的に好きな部分は、海の上下が逆になるシーン。こういったファンタジー敵な発想をきちんと映像化しているところが凄いと思いました。さて3作全部を好きな順番に並べると、3=1>2でしょうか。1は物語としては良く出来ていると思います。2は3つ巴のチャンバラシーンが長過ぎるということで評価が下がっています。ここまで人気が出たのは、やっぱりディスニー映画だからでしょうか?それともジョニー・ディップ効果だったのでしょうか?良く判りません。しかし、パイレーツは全編通して、家族みんなで楽しく観れるファミリー映画だと思います。

パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち DVD パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち

販売元:ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
発売日:2006/12/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト スペシャル・エディション DVD パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト スペシャル・エディション

販売元:ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
発売日:2006/12/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

パイレーツ・オブ・カリビアン:ワールド・エンド オリジナル・サウンドトラック Music パイレーツ・オブ・カリビアン:ワールド・エンド オリジナル・サウンドトラック

アーティスト:サントラ
販売元:エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
発売日:2007/05/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年6月 9日 (土)

招かれざる客

私は何の先入観もなくこの映画を見ました。題名からして殺人事件が起こると思っていたが、ストーリーは全くの別物でした。昔の映画ということも知らないで見ており、なんか映像や車に乗ったシーンがひどい合成で幻滅しましたが、この映画、すばりいい映画だと思う。人生について考えさせられる映画であり、かつ親の立場、子の立場がうまく表現されている。親は子供のために一生懸命働くから親は”偉い”と思っている親御さん、是非この映画を見て下さい。考えさせられる部分が出てきます。私は、久々にいい映画を観たという感じになりました。

招かれざる客 DVD 招かれざる客

販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2006/12/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 8日 (金)

マルホランド・ドライブ(MULHOLLAND DRIVE)

先ずミステリーが好きな方は見ても損はないと思うが、納得いかないストーリーに唖然。そうきましたか!ふーん、そんな強引なストーリーは許さんぞーというくらいにストーリーが強引。すべての複線は最後に意味がなくなるとんでもない映画。例えば、”バニラスカイ”などは、最後にばらばらになったピースが1つにまとまる非常にストーリーの良い映画だが、これはばらばらになったピースが最後に意味を成さなくなるという前代未聞の映画である。これを狙って作ったのは恐れ入るが、これは映画としては駄目なんじゃないと個人的には思う。結末が全く読めないような物語にするのであれば、フロム・ダスク・チル・ドーンとかの方がよっぽど良いと思いました。ま、映画は見てみないと何とも言えませんから、興味のある方は見てみて下さい。

マルホランド・ドライブ DVD マルホランド・ドライブ

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2002/08/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 3日 (日)

マイアミ・バイス

午前中ちょっと暇だったので、マイアミ・バイスを見ました。アメリカのTVドラマの映画化なんですかね?結構、テンポ良くストーリーが進んで飽きない展開が続きました。しかし、登場人物が多いのと、人間関係が短時間でうまく描けないせいか、内容はちょっと淡白な感じでした。最後の銃撃戦が見所らしいのですが、これって見所?って思えるぐらい、なんか迫力に欠ける気がします。マイアミの美しい風景も余り出てきませんし、なんとなく今一パンチの欠けた内容だった気がします。麻薬捜査官(おとり捜査)って、皆こんな危ない橋を渡っているのでしょうか?給与に見合った仕事とはとても思えません。^^;;

マイアミ・バイス DVD マイアミ・バイス

販売元:ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
発売日:2006/12/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年5月27日 (日)

スパイダーマン3

もう終わってしまいそうなので、スパイダーマン3を見に行ってきました。なるべくストーリーーや映画レヴューコメントを見ないで見てきた訳ですが、思ったよりストーリーが良く、ラストは感動しました。こういったアクション映画に、ラブストーリーや登場人物の葛藤を織り交ぜるのはどうかと思っていましたが、最後はすっきりまとめましたね。久しぶりに見て良かった映画だと思います。もう少し、ハーリーvsサンドマン?の対決シーンを出して欲しかったかな。あのピピピ爆弾は結構好きです。ハーリーは一時悪に身を染めるも、最後には正義に目覚めたシーンが感動的だったなぁ。これで、パイレーツ・オブ・カリビアンとの対決が楽しみです。(でも興行収益はパイレーツが勝ちそうですが・・・)

スパイダーマン+スパイダーマン2 DVDツインパック (期間限定生産) DVD スパイダーマン+スパイダーマン2 DVDツインパック (期間限定生産)

販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2007/04/04
Amazon.co.jpで詳細を確認する

お、これ安いですね。もうもってけ泥棒的な価格です。新作も全部1000円販売してくれたら、どんどん購入するのですが^^;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月23日 (水)

バンビーノ

漫画は見たことがありませんが、今放送中のバンビーノは面白いですね。特に主人公が料理の道に入り、挫折しながらも成長していく姿が感動的です。最後は一人前になるのでしょうか。どのような職業もこういった困難を乗り越えて一人前になっていくのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月22日 (火)

トランスポーター2

このストーリーはかなり強引ですね。悪役の狙いも余りピンと来ない。しかし、お決まりのアクションなどが満載で、見てて飽きがきませんでした。今回も、一部コールタールが出てきており、やっぱり、この映画のアクションにコールタールは必須なんだなぁ・・・と思いつつ見ていました。前作と比較すると、やっぱり1の方が面白いですね。2ではヒロイン役が出てこないのですが、その代わりとして悪役で美人の殺し屋が出てきます。しかしこの殺し屋の化粧は凄いな・・・。パンダ化粧か!ここまで派手にしなくとも良かったと思います。全体的に、ストーリーが強引、飛行機が墜落して助かるのか?、ウィルスの解毒は結局どうやったの?的な内容が残ってしまい、なんだか消化不足な作品となっているようです。先ずは、トランスポーター1を見ましょう。こちらは秀作です。

トランスポーター2 DTSスペシャル・エディション DVD トランスポーター2 DTSスペシャル・エディション

販売元:角川エンタテインメント
発売日:2006/10/13
Amazon.co.jpで詳細を確認する

トランスポーター【廉価版2500円】 DVD トランスポーター【廉価版2500円】

販売元:角川エンタテインメント
発売日:2006/01/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月16日 (水)

トランスポーター2

借りてきたものの、時間が無くてまだ見れていません。帰宅すると夜8時、ゆっくりTVを見れるのは夜10時以降になるので、そこから2時間の映画は余り見る気になりません。夜12時にはもう完全に眠くなるし^^;; 昔は夜中の1時までは全く問題なく起きれていたのですが、現在は夜の12時に凄く眠くなります。題名がトランスポーター2なのに中身が全然異なってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月22日 (日)

LOST シーズン2 EPISODE-02 漂流

 イカダで脱出したマイケル、ウォルト、ジン、ソーヤー組のその後の展開。ウォルトを謎の船舶に連れ去られ、途方に暮れるマイケル。漂流したイカダの残骸に乗り込めたのは、マイケルとソーヤーだけ。ウォルトとジンは行方不明のまま、そのまま漂流することになるが・・・。
 なぜあの船舶はウォルトだけを狙ったのか、全く不明です。シーズン1でもクレアの子供を狙ったエピソードがありましたが、謎のフランス人といい、なぜ他の者は子供を狙うのか?これら一連の流れは、物語に何か関係があるのではないかと推測しています。さて、マイケルとソーヤーは漂流後、また同じ島の別の場所へ流れ着きますが、そこにはなんとジンがいました。そして新たな他の者が出現。あの棍棒のデザインを見る限り、野蛮人のようにも思えるが・・・。

LOST シーズン2 COMPLETE BOX DVD LOST シーズン2 COMPLETE BOX

販売元:ブエナ ビスタ ホーム エンターテイメント
発売日:2007/03/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)